店に困ったときには川越 和食へ

和食は無形文化遺産として2013年にユネスコに登録されており、素材を生かしさっぱりとした味付けは世界各国でも人気を集めています。日本を訪れる外国人観光客はラーメンも日本食だと持て囃していますが、和食を知る日本人としては外国人が思う和食との差が生じているのも事実です。

文化として認められている和食ですが、我々日本人としては外食で和食を食べようとしたとき、案外と悩むときがあります。寿司、天ぷらなど和食を代表するものですが、それらは専門店で食するもので他のものを食べられません。家で食べる和食のグレードが上がったもの、そのような店を探すのは非常に困難であり、割烹となると敷居が高くなってしまいます。

川越 和食の旬彩 万五屋は、そのような要望に応えてくれる数少ない店で、新鮮な海鮮や旬な野菜を素材にし、和食をリーズナブルな価格にて提供してくれる落ち着いた雰囲気の店です。

旬彩 万五屋
http://shunsai-magoya.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、多くの企業はサービスを提供しており、サービス就業人口が増加しています。そして顧客にサービスを提…
  2. 1.エネルギーマネジメント人材の確保2.節電・省エネソリューションの普及1.エネルギーマネジメント人…
  3. 水谷佑毅氏が代表取締役社長を務める株式会社DYMのWEB事業。トータルプロモーションという形でWEB…
ページ上部へ戻る