九州本部で学べる阿含宗の教え

阿含宗九州本部では、自らの因縁と決別するために修行を重ねる人がいます。この阿含宗の九州本部の傘下には、数多くの道場があるのですが、ここが修行の場となっています。阿含宗は昭和の時代にできた仏教の宗派であり、鎌倉時代以来となる新しい仏教の宗派と言われています。なぜ、このような宗派が必要であったかといえば、他の各仏教宗派で拠り所となっていた経典のほとんどがお釈迦様の死後に生み出されたものであり、お釈迦様の直説ではなかったからです。

そのため、お釈迦様の直説である阿含経を拠り所とした宗派の立ち上げがおこなわれたのです。こうした経緯もあって、多くの人が九州本部やその傘下にある道場において修行をおこなっているのです。お釈迦様の教えを今の時代に自分自身に与えるならば、阿含宗や阿含経は欠かせない存在といえるわけです。

阿含宗 九州本部
http://kyusyuhonbu.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 最近では、神前式など和スタイルの挙式で、白無垢や打掛けを着る和装が人気となっています。岐阜 着物レン…
  2. エステサロンのような場所に通いたいと思っていても、料金がネックとなり通うことができないような人もいる…
  3. くせ毛や切れ毛など、髪の毛の悩みは人それぞれです。西大路 美容室のブーケではそんな一人ひとり違う髪質…

アーカイブ

ページ上部へ戻る