相川直仁さんが主催するイベント

日本に限らず世界の山を登る本格的なアルピニストとして相川直仁さんは登山界では知られた存在です。世界の有名な山に何回も登っていますが、普段はサラリーマンをやっていることもあって、最近では国内の山を中心の活動しています。本格的な登山仲間と山登りすることもありますが、もっと多くの人に登山を楽しんでもらいたいと思っているので、、多くの登山者を募って本格的に登山をするイベントも主催しています。

最近では登山ブームもあって中級者クラスの登山イベントに参加する人が増えてきています。このクラスは中途半端な知識を持って誤った方法で登山をしてしまうと遭難してしまう確率が一番高いことを相川直仁さんは一緒に登る人達に伝えています。

登山で一番怖いのが「慣れ」です。自分は初心者じゃないという気持ちが強ければ強いほど遭難をしてしまう可能性が高いので、相川直仁さんは数名のクルーと一緒にイベントに参加する人達の安全を確保しながら登山をしています。

中級クラスで本格的に山登りをするのに一番適している山が槍ヶ岳です。 日本を代表する登山スポットとして中級者以上にとても人気があります。槍ヶ岳は晴れていれば絶景で登りきったときの達成感は他の山の何倍もあります。この槍ヶ岳は1泊コースになているので、相応の体力も求められるので、事前の準備が必要だと相川直仁さんは参加者に訴えています。

ある程度の体力作りもしていかないと、槍ヶ岳の本当の恐ろしさがすぐに迫ってきます。参加者も普段は仕事をしている人が圧倒的に多く、すぐにへばってしまう危険性があります。そのままの状態だと高山病になってしまう可能性があることを相川直仁さんは無理をさせません。なぜ主催する本人が最も高山病を恐れているかというと、本人も高山病になってしまい悔しい思いをしているからです。

高い山に登ると空気がとても薄いので酸欠状態になってしまいます。容赦なく頭痛や吐き気、めまいや眠気が襲ってきて登山をすることができなくなってしまいます。このような経験をしている相川直仁さんは日頃の体力作りが大切だと日頃から思っていて、本人も筋トレやジョギングなどを欠かさず行いトレーニングを行っています。

相川直仁さんが主催するイベントは、登山する前からしっかり準備をして行います。道具の準備だけでなく、体力を付けるために体のトレーニングも怠りません。しっかり準備をしていくので、参加者全員が頂上までリタイアすることなく登りきることができるので、とても人気があるイベントになっていて、今後も注目される存在となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 最近では、神前式など和スタイルの挙式で、白無垢や打掛けを着る和装が人気となっています。岐阜 着物レン…
  2. エステサロンのような場所に通いたいと思っていても、料金がネックとなり通うことができないような人もいる…
  3. くせ毛や切れ毛など、髪の毛の悩みは人それぞれです。西大路 美容室のブーケではそんな一人ひとり違う髪質…

アーカイブ

ページ上部へ戻る