ゴルフインストラクター花岡篤司

ゴルフインストラクターは、甘い仕事ではありません。この仕事では、常にアマチュアを指導する立場に置かれます。その上で、自分の弱点を補強しながら、最大限有効なアドバイスを行います。自分勝手な人には勤まらない、根気のいる仕事です。実際、彼の事をいぶかしむ人もいるそうで、花岡篤司は非常に悩んでいるそうです。どうしても彼が指導を受けたくない場合は、無理にお願いはせず、「参考資料」を提供するに留めているとか。ゴルフは人と人とのやりとりが必要な競技ですので、こういった事情もあります。

当然ながら、花岡篤司はたくさんの知識を持っています。ゴルフ場の知識やアイアン、ドライバーやパターの知識、多くの人が陥りがちなフォームに関する知識です。彼は知識を身に付けることで、自己の弱点を補っています。ゴルフの指導の原点は、相手のフォームを矯正することです。彼は、その原点に立ち返って、必要な指導を行っています。個人としての素質を最大限に引き出し、彼らの不安を取り除くこと。これが彼のモットーです。心理的なアピールが、何よりも重要だとか。

ゴルフは、楽しんでプレーするスポーツです。花岡篤司にとっては、ゴルフは楽しみであり、職業でもあります。彼にとっては、人生こそがゴルフでした。若い頃から始めたゴルフで飯を食うとは考えていませんでしたが、それでも花岡篤司は充実した毎日を過ごしています。彼の若い頃にくらべ、ゴルフはルールも技術もずいぶんと進歩したそうです。それでも、まだルールの不備はあり、改正のため議論が行われているとか。まだまだ、紆余曲折がありそうです。

もっとも多い相談内容が、バンカーからの脱出です。脱出した先のことを考えられないプレーヤーが続出したため、彼は指導内容に苦慮したそうです。バンカーから脱出した時点で、彼らに対するレッスンは修了しました。それくらい、アマチュアゴルファーの腕も二極化が進んでいるとのこと。自分の話を論理的にまとめない限り、相手にはアドバイス内容が通じない。彼はそう考えていました。だからこそ、彼は誰にも真似できない、キメの細かい話ができるよう、猛練習を積んでいるそうです。

インストラクターとしての鍛錬は、花岡篤司にとっては最も重要な行為です。彼は常に自分を知る努力を行い、常に自分に対する問いかけを繰り返しています。インストラクターとしての仕事は楽ではありませんが、それでも彼は自分のために努力しています。彼の努力は、結晶となって受講生に還元されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 最近では、神前式など和スタイルの挙式で、白無垢や打掛けを着る和装が人気となっています。岐阜 着物レン…
  2. エステサロンのような場所に通いたいと思っていても、料金がネックとなり通うことができないような人もいる…
  3. くせ毛や切れ毛など、髪の毛の悩みは人それぞれです。西大路 美容室のブーケではそんな一人ひとり違う髪質…

アーカイブ

ページ上部へ戻る