萩広史と料理との関係

以前、萩広史は料理教室に通い趣味の料理に磨きをかけていましたがそのレシピが書かれたノートをなくしてしまったという事がありました。そんなことで萩広史は過去に習った料理を思いだしながら、どうしても思い出せないところは自分でアレンジして作っていました。サラリーマンで30代独身男性、料理が趣味の男性でも、料理教室にまで通う人はまだそう多くはありませんが、彼は趣味を自分自身の向上に繋げているそうです。料理が完成して、その出来栄えが上等なものになれば満足げな表情をするし、違うと感じれば納得いかない部分はメモをするような徹底振りです。

また、料理をすることで新しい挑戦をしていくようになります。自分が知らない料理をつくることで、楽しさが倍増するばかりかその分知識も増えていくものです。萩広史はどんな料理でも挑戦してそれを自分のものにしていきます。失敗もありますが、その失敗さえ次のステップに繋げていくのです。これは彼の仕事上にも同じように反映されているはず。仕事と料理の両立がうまくいっているときには萩広史はとても輝いています。料理は趣味ではありますが、不思議なことがあります。どうして手間と時間をかける事が必要な料理よりも、手間なく短時間で作れてしまう料理の方が人気があるのか、ということです。

よく、主婦に得意料理を聞いてみると、煮物系という回答が多いといいます。それも手の込んだものではなく、ササッと出来てしまうような煮物になっています。主婦というのは他の家事もこなさなければならず非常に忙しいものなので、手間をあまりかけたくないといったものが本心なのでしょう。しかし萩広史は手間暇を掛けることに妥協はしないのです。単なる趣味としての料理ですが、下ごしらえに手間を決して省かず淡々と料理をしていきます。こだわりというよりは、几帳面な性格がこうした料理の工程にも表れているのでしょう。忙しい中で作られた料理は、その忙しさの味しかしないものですが、逆に手間暇掛けた料理は確かに美味しいものですし、それだけの愛情がこもっているものになります。

萩広史が料理に関して伝えたいことは、時間がなくても簡単にできるものでも最低限の手間を掛けるべきということです。手間がかかりすぎてしまうのなら、自分でアレンジをして電子レンジをつかって時間短縮を考えるとか、同時にフライパンで料理をしてしまうなど手抜きをしなくても工夫次第で料理はすばらしいものになるということです。彼の時間短縮の技もブログで掲載されているので、こうしたことを参考にしてこれからも彼の料理をお手本に美味しい食卓にしていって欲しいと思います。

萩広史の時間短縮テクニック

最近は忙しく、どうも料理をまともにしている時間がなかなか取れませんでした。そうなるとついついコンビニのお弁当や手軽に買えるジャンクフードに偏ってくるのですが、さすがにそれでは健康に支障が出てくるということで、萩広史が紹介している時間短縮テクニックを使うことにしました。何か簡単そうなものから試すことができたらいいなと思ったのです。

まず、萩広史は電子レンジを使った時間短縮方法を提案しています。とても単純な話ですが、調理の前に電子レンジを使って火を通しておくと調理時間の大幅な短縮につながるというものでした。普段から料理をする人にとってはこのテクニックは有名であるそうなのですが、私はこのことは知らなかったですし、知ったところで普段料理にあまり使用していない電子レンジを使うというのはなんとなく抵抗がありました。ですが、実際電子レンジを使うだけでも30分ほどの短縮になるケースもあるようです。そう聞くと、やっぱり試すしかないなと思ったのです。

例えば、萩広史のカレーのレシピですが、ジャガイモやニンジンなどの野菜はあらかじめレンジを使ってある程度火を通してしておくという紹介がされています。一般的にはじっくり鍋に入れて火を通すということなのですが、先に一定時間以上レンジにかけておくことによって、火が通った状態になり時間を短縮できるということでした。しかも、この方法ならばガス料金の節約にもなるということでしたから、時間短縮もできてコストも節約できるということだったのです。オール電化の家にはあまり関係の無いことですが、この点に関しては倹約家の私としては大きなポイントでした。

ちなみに、出来上がった料理についてですが、最初にレンジを使って野菜を柔らかくしたからといっても味には何の違いもありませんでした。当然といえば当然なのですが、やっぱりレンジを使った調理法は味が落ちるかもしれないと心配する人もいるかと思います。実は私もそのうちの1人でした。ちょっとだけ工夫をしてあげることによって簡単に料理ができて、さらに節約まですることが可能ということを知ったのは萩広史のおかげなので、彼には本当に感謝しています。

萩広史の紹介するレシピや調理法は、今後も私たちの胸をワクワクさせ続けてくれることは間違いないと思います。そして、今度はどのような方法で私たちを満たしてくれるのかが今から楽しみでなりません。まずは次のコンテンツがまた更新されるのを楽しみに待っています。萩広史のブログというのは、本当に読んでいて面白いなと思います。今後も読み続けていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 騙す者騙される者、この両者のせめぎ合いは古代より人間社会にある宿命のような戦いかもしれませんが、理由…
  2. 最近では、神前式など和スタイルの挙式で、白無垢や打掛けを着る和装が人気となっています。岐阜 着物レン…
  3. エステサロンのような場所に通いたいと思っていても、料金がネックとなり通うことができないような人もいる…

アーカイブ

ページ上部へ戻る