鹿児島国際大の話題性

鹿児島国際大は、1932年の設立以来、地域との連携を図りながら、現在にいたっています。既に多くの卒業生を世に送り出しており、さまざまな分野で活躍を見せています。文武両道に徹底して取り組む大学としても知られており、今となっては、経済学部、福祉社会学部、国際文化学部の三学部を有しています。グローバル社会の台頭が目立つ今般では、その流れを取り組むかたちで、多くの外国人学生を受け入れており、国際社会の発展に寄与しています。外国人学生を受け入れるにあたっては、むろん日本語の習得度合いもそれぞれによって異なるため、日本語学習の時間を多く取り入れるなど、慣れない土地での生活を余儀なくされる学生への配慮には余念がありません。鹿児島国際大のこの取り組みは、国際社会の一翼を担う日本にとっては、大変に有用性のあることとして、他の教育機関からの注目も集まっています。

鹿児島国際大の知名度を押し上げているのが、吹奏楽団の存在です。全国的にも知られる鹿児島国際大の吹奏楽団は、その一致団結した取り組みが多くの反響を呼んでいます。学生にとっては、ただ単に楽器や楽曲を習得して楽しむといったレベルのものではなく、仲間と本気で音楽の世界に没頭することによって何かを得ようとしているのです。その点が、趣味や遊びの世界とは全く異なる点といわれています。現在の部員は総勢50名ほどであり、週に4回ほどの全体練習をしています。むろん、その他では自分自身で時間を見つけるなどして、楽曲の練習に打ち込む学生も多いといいます。鹿児島国際大では、吹奏楽団のような取り組みを全力でバックアップするようにしており、学業以外の面からも学生生活を充実させることに尽力しています。

鹿児島国際大のこのような吹奏楽団の取り組みは、地域社会との連携を目指す大学にとっても重要な役割を担っています。その具体例として、吹奏楽団では、定期的に演奏会を開催しており、その会場に多くの地域住民を招くなどして、大学と地域住民との距離感を縮めることに注力しています。昨今においては、少子高齢化の波が押し寄せてきており、大学のような教育機関は、単なる若者が集う場所としての役割を果たすことだけでなく、地域住民の憩いとやすらぎの場になることが期待されています。鹿児島国際大では、地域社会との積極的な融和を図るべく、この吹奏楽団の活動以外にも多くのイベントを開催するなどしています。

鹿児島国際大学
http://www.iuk.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 最近では、神前式など和スタイルの挙式で、白無垢や打掛けを着る和装が人気となっています。岐阜 着物レン…
  2. エステサロンのような場所に通いたいと思っていても、料金がネックとなり通うことができないような人もいる…
  3. くせ毛や切れ毛など、髪の毛の悩みは人それぞれです。西大路 美容室のブーケではそんな一人ひとり違う髪質…

アーカイブ

ページ上部へ戻る