サービスを使うユーザのことを思う・・・インフィリック

東京都にて2005年に誕生したインフィリック株式会社は、ITインフラをメインとしたサービスを提供しています。

また、代表の清水優は、顧客と利用者が同じであればいいと語っています。
たとえば、携帯電話の製造メーカにとっての顧客(携帯通信会社)ですが、利用者は携帯電話を使う個人です。
仮にメーカーが利用者のことを考えずに顧客のために製品を作っていけば必ず、ずれが生じてきます。
こうしたことは今の世の中ではよくあることで、明らかにメーカーが利用者ではなくて販売する側に向けた商品を作っているというところがあります。
実際のところ、これが原因となり一気に評価を落とした企業もあるくらいです。(http://www.infilic.co.jp/shimizu/?p=4278)

IT業界も同様かもしれません、
新しい技術、難しい技術であることは利用者にとってはどうでもいいことなんですね。
使いやすいこと、安心して使えること、安価に使えることが利用者にとって価値があることです。

インフィリック株式会社である清水優は、顧客のさらに先にいる利用者のことも見据えて、顧客と同じように大事にすることを考えているのです。
これが自分たちの価値が正しい姿を保つために大切なことであるとしているわけです。

会社というものは、どうしても利益を優先させるべく動く傾向がありますので、本当に優先すべきところとのジレンマを生むこともありますが
インフィリック株式会社はそうではなく、顧客にとって価値があること、つまり、本質を考えて、サービス提供や提案を行っています。
そして、利益については最終的にお客様が満足してくれたことに対する対価、すなわち結果であるとしているのです。
先に結果を求めるのではなく、そこに至るまでのプロセスを重視することにより、会社の価値を高めているわけです。
これは、口で言うのは簡単なことですが、達成させようと思ったときは、とても難しいですし労力もかかるものです。ですが、あえてそれを清水優は会社の目標として掲げているのです。

お客様のために、という思考を持っている会社は山ほどありますが、インフィリック株式会社は正にそれを地で行っている会社だと言えます。そのような会社は社会的にも認知され、末永く生き残っていけることも間違いないことでしょう。誕生が2005年とまだまだ新しい会社であるため、伸びしろは無限大だと言えます。
インフィリック株式会社のより一層の発展に、今後も期待していきたいところです。

インフィリック株式会社
http://www.infilic.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 最近では、神前式など和スタイルの挙式で、白無垢や打掛けを着る和装が人気となっています。岐阜 着物レン…
  2. エステサロンのような場所に通いたいと思っていても、料金がネックとなり通うことができないような人もいる…
  3. くせ毛や切れ毛など、髪の毛の悩みは人それぞれです。西大路 美容室のブーケではそんな一人ひとり違う髪質…

アーカイブ

ページ上部へ戻る